-水落町 鯖江市 福井県 日本

当クリニックの歯周病治療について

​その定期健診、本当に正しいですか?

​歯周病治療を得意とする当クリニックでは、初めて来院する患者様から次のようなことを言われることがあります。

「他院で定期的に健診に来て歯石を取っているのに歯を失っていきます」

最近は、TVや雑誌などのメディアでも歯周病の危険性や怖さを報道されることがあり、以前よりも歯周病治療や歯周病予防、定期健診への関心が強くなっていることを実感します。

我々も歯周病予防や早期治療の重要性を伝え、患者様に定期的な来院を勧めております。

 しかし、歯周病の治療・予防のために「歯磨き指導、歯石除去」のみを受けてはいませんか?

しっかりと歯周病治療を受けないまま治療を終えられ、そのまま定期健診に移行されている患者様をよく見かけます。

 単純で画一的な「歯磨き指導、歯石除去」のみを行うことが歯周病の治療や予防ではありません。 

歯周病は、病態により軽度 中等度 重度に分類されます。

 それぞれの治療法としまして 

軽度 歯周基本治療(歯石除去、歯磨き指導、かみ合わせの調整)

 中等度 専門治療(歯周外科手術、再生療法など)

 重度 抜歯

 以上のように軽度の歯周病の場合は簡単な歯石除去や歯磨き指導のみで治療できますが、中等度以上の歯周病の場合には歯石除去や簡単なクリーニングのみで治療することはできません。

 残念ながら、患者様ご自身が歯周病の症状を自覚し来院される場合というのは中等度以上の歯周病に罹患していることがほとんどです。

 定期健診を受けていたにもかかわらず歯周病の進行に悩まれる患者様は、中等度に対して専門治療がなされず、重度の歯も抜かないで放置したまま、「定期健診」と言ってずるずると時間がたつので、これでは治るどころか、どんどんと病状が進行するのは当然です。

 また最近の流行として、強い抗生物質(ジスロマック、アジスロマイシン)を服用して歯周病を治療するという治療法が行われているようです。薬を飲むだけで歯周病が治るというのは簡単で画期的な方法であり、患者様への負担も少なく、我々歯科医師に特別なスキルも必要ありません。

 先ほども述べたように中等度以上の歯周病の治療は歯周病の手術という専門治療となり特別な教育を受けたり経験が必要です。

 様々な意見があると思われますが、私の意見としましては、薬を飲むだけでは歯周病は治らない。です。歯周病の急性症状(腫れて痛む、膿が出る)は抗生物質を服用することで症状は落ち着きますし、当クリニックでも処方することがあります。

 歯周病の進行する原因は、歯周ポケットという歯と歯肉の境目に歯石や肉芽組織という悪い物質が沈着して進行していきます。

​ 歯周ポケット内の歯石と肉芽組織を完全に除去しなければ歯周病の改善や失われた歯槽骨の再生は行われません。歯周病の手術を行ったことのある歯科医師であれば、手術時にこれらの物質を完全に除去するのにいかにスキルと経験が必要かが分かっている思いますので、薬を飲むだけで歯周病を治療するという方法は選択しないでしょう。